メダカの種類とおススメ

人気のメダカ【乙姫】定義や繁殖・交配方法を紹介!気になる値段も

最近はメダカブームがきて「変わりメダカ」などと呼ばれるメダカも増えてきました。

様々な種類が多くいてどんなものを飼おうか迷う方もたくさんいると思います。

そこで色々なメダカの画像を見ているうちに乙姫を飼ってみよう!と思った方もいるでしょう。

ですが「乙姫」とひとことで言ってもその定義がよくわからない…という人もいると思います。

実際にヤフオクなどを見ていても乙姫として売られているけれど個体によって柄の違いを感じるものもよく売られています。

そこで、どのようなものが乙姫と呼ばれるのか、その定義とはどのようなものなのか!?

また繁殖方法、そして気になるそのお値段などについてお書きしたいと思います。

乙姫とは

 

この投稿をInstagramで見る

 

サンジ!(@sanjimanz)がシェアした投稿


乙姫とはクリアブラウンメダカと楊貴妃透明鱗ヒカリメダカを交配させて作った子供のことをいいます。

楊貴妃透明鱗ヒカリメダカの赤色と背中の光が乙姫の特徴としては大きく、グレードが高いとブラックリムという体の黒いものや透明鱗のもの、白乙姫と呼ばれるものなども存在してきます。

乙姫の定義


定義といいますと上記で述べたものが含まれてくるのですが、グレードの高いものの定義を深掘りして考えてみたいと思います。

乙姫で人気があるのはやはり頭が赤く体が黒いブラックリムタイプと呼ばれるものだと思います。

ブラックリムタイプは背びれもオレンジであり、背中も光っているためとてもかっこよく熱帯魚のようにカラフルなメダカです。

光体系の特徴としてヒレが長く大きさも普通体型より大きいので、とても見ごたえがあります。

ただ、こちらは乙姫の中でもグレードが高いため人気もあり値もそこそこ張ります。

そして乙姫は普段オレンジ系のメダカなのですが白い乙姫がたまに生まれることがあります。

神秘的ですよね。

こちらは昔だと遺伝子関係でメスのみが白く生まれることがあったのですが、最近だとオスでも白乙姫と呼ばれるものが生まれるようになりました。

乙姫の繁殖・交配方法

 

この投稿をInstagramで見る

 

サンジ!(@sanjimanz)がシェアした投稿


メダカの繫殖方法はみな大体おなじなのですが、乙姫は同じ名前でも外見の違いが大きい種類です。

グレードの高いブラックリムタイプを作りたいならば、親をブラックリムタイプの綺麗な個体を選ぶ必要があります。

綺麗な個体ほど背曲がりや成長の遅さがありますのでそういったものは避けて選別した方が無難です。

背曲がりがあると子供への遺伝率が上がるので良くありませんし、親がまだ未熟であると卵が小さくなり、生まれる稚魚も小さく生まれるため餌を食べられず死んでしまう事もよくあります。

選別というのは昨年生まれた子の中からより種類の特徴が出ている綺麗な個体を親にするために目視などで、親候補とその他に分ける行為をいいます。

こちらは乙姫やメダカに限った話ではないのですが、選別によりはじいたものはオークションなどで欲しい人に譲ったりする人も多いです。

交配方法として、メダカはあまり大きい容器で飼うとオスがメスを追いかけて求愛行動をすることが難しくなってくるため、オスがメスを追えるくらいのサイズのものを選ぶことがポイントです。

ですが匹数に対して容器が小さすぎると水が汚れやすくなり魚が弱ってしまうので、一時的に水ごと小さな容器へとオスとメスを移動してみるのもよく受精卵を産んでくれます。

ポイントとしましてはメスへとよく求愛行動をするオス1匹とお腹の膨らんだ妊娠中のメスを2匹掛け合わせて容器へと入れましょう!

メダカの場合はオス1匹に対しメス2匹の割合で飼うのがオススメされています。

ホテイアオイという水草を水槽に入れておくとその根によく卵を産み付けてくれます。

ただホテイアオイは春から秋の間で寿命を終えて枯れてしまいますし水も汚れるので、人工の水草や糸などを水槽に入れておくのも手です。

乙姫の値段

乙姫は先の文でも言いましたがグレードの差が激しいのでそれぞれ変わるのですが、オークションなどでブラックリムタイプの最高級の乙姫を見ていると1ペア(雄雌1匹ずつ)から2ペアで5000円前後で取引されていることが多いようです。

高いものだと2ペアで1万円を超すこともあります。

これはメダカにしてはとても高価な方なのですが、あの綺麗なボディを見ていたら分かりますよね。

グレードの低いものですと10匹2千円ほどで売っていることが多いかと思われます。

安く手に入れる方法としましては、稚魚や卵のうちに買って育ててみるのもありだと思います。

大体の種類は稚魚や卵のうちから売られていることが多いので良い柄になることも多くオススメです。

卵から孵化した子メダカは可愛らしく、稚魚のうちから育てた子たちが成長し卵を産んでくれると嬉しくなりますよ。

まとめ

乙姫はメダカ好きの間では人気高く、初心者さんも憧れるメダカではないでしょうか。

体色の濃くギラギラと輝くようなその体は写真で見てもカッコよいですよね。

ぜひあなた好みの方法で、乙姫を買い、育ててみてください。

関連記事